minimalism on my mind

元占い師あざみこがミニマリズムについてあれこれ吐き出します。

【10分断「捨」離】薬の有効期限を知ったら置き薬がほぼ不要になった話

台所の中でも目を背けていた場所。

ガッサリあるのにシカトし続けていたもの。

 

薬です。

 

何かと病院にお世話になることが多い次男。

たまにドカンとすんごいことになる長男。

副鼻腔炎片頭痛で薬をガッツリもらうことの多い私。

加齢からか、ちょこちょこ風邪を引くようになった修行僧。

 

それぞれの薬が集合するととんでもないことになりますw

 

薬が入ってる小さいビニール袋でイソギンチャク状態w

グレードバリアリーフ顔負けの白い光景が台所収納に広がっていました。

 

「やらなきゃ」

そう思ってもなかなか手が進まない。

でも、白いイソギンチャク群を見ると「あー…」ってなる。

 

今朝克服しました!

やってやりましたとも!

 

どうして整理しにくいのか、何故薬がたまるのか理由が分かったからです。

 

【どうして整理しにくいのか】

薬の有効期限がわからなかった。

 

【何故薬がたまるのか】

いつか使うかもと思ってしまう。

 

有効期限不明+いつか使うかもで、手を出しにくかったんです。

Tポイントカード使っててたまに出てくるクーポンみたいなもんでしたw

あと福引きとかねw

 

▼▼薬の有効期限▼▼

 

基本的にはもらった時に飲み切ることってなってます。

でも薬飲み終える前に元気になったりしてそうじゃないから、溜まってく訳でw

実際どうなの?ってのが知りたいんですw

 

調べてみると…。

そもそも、薬は3~5年品質が変わらないように試験されているようです。

でもこれは薬にベストな状態で保管された場合のみ。

 

温度計と湿度計でがっちり守られてる高級チョコレート屋さんのように薬が保管されている場合だと思えば良いかもしれませんw

 

病院のHP等々見てると実際はこんな感じらしいです。

 

  • 粉薬・顆粒:3か月~半年
  • 錠剤・座薬・軟膏:半年~1年
  • 目薬:1か月
  • シロップ:使い回し不可
  • 漢方薬:3~5年

これで漢方薬と子供の熱さまし用座薬以外は全部さよならできるんじゃね?w

薬を処分することに勇気が湧いてきました。

 

知ってると知らないでは本当に大違いですねw

 

▼▼いつか使うかもと思ってしまう▼▼

 

これはいつものマインドセット「最後にいつ使ったか」で考えてみました。

加え、「今までどうしてたか」も振り返ってみたんです。

 

【大人の場合】

風邪とかちょっと胃が痛いな→残っている漢方薬を飲む

片頭痛が出そうだな→ロキソニンを飲む

 

【子供の場合】

熱が出た→様子を見て病院

咳が出た→咳テープで様子を見てから病院

下し始めた→即病院

 

実際お医者さんに診てもらわないと気が済まないタイプですw

私の判断で薬飲ませておかしくなるなら、専門家の言葉を信じよう!って思っちゃう。

 

結果。

全部の薬取っておいても飲まないんじゃね説確定ww

なら残しておいても意味はないww

 

大人→漢方薬と私の痛み止めは残留決定

子供→最近もらった熱さましと咳テープは残留決定

 

イソギンチャクビニール10袋は捨てましたw

薬を捨てただけでめちゃくちゃすっきりw

 

雑然と見えていた原因はイソギンチャクだけだったようですw

 

これで、我が家の三大魔窟の1つをコンプリート出来そうです。

あともう一息!

 

生命の魔窟、今週中には退治してやるぞー!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

 

ラジオチャンネル始めました!

https://radiotalk.jp/talk/82627